Archive for 1月, 2011

1月 16

admin

コメントは受け付けていません。

最近インターネットで住宅機器を色々と見ているのですが、かなりリーズナブルな値段で販売されていますね。

定価の60%オフなどびっくりするような値段で販売されていますがどのような仕組みなのでしょうか?

通常システムキッチンや洗面化粧台など新築住宅を建てる場合に契約をした工務店や住宅会社で取り付ける商品を選ぶのが流れなのですが、最近は、住宅を建てる建築主(施主)が自分で商品を購入し施工会社に支給するシステムがあるようです。

これを「施主支給」と呼ぶそうです。

さて施主支給のメリットはなんなのでしょうか?

工事に使用する材料は、契約した工務店やハウスメーカーが仕入れるのが原則です。

図面を元に契約を進め、住宅に使われる住宅設備機器や建材などの材料は、工事金額の中にすべて含まれています。

工務店やハウスメーカーでは、標準仕様を設けている会社もあり、選べる範囲が限られてしまい、ご自分が気に入った他のメーカーを使うと金額が大幅に上ったりしてしまう場合があります。

一方、施主支給は以前からシステムはあったものの、インターネットの普及により急速にシェアが拡大していきました。

インターネットの価格はかなりの低価格で販売されていますので、施主にしてみれば大変お買い得なものでしょう。

しかし施工業者からしてみれば、取り付けを行う場合に取り付け場所に合わなかったり、何らかのトラブルがあったり様々な問題になるため嫌がる業者も多いようです。

施主支給は大変魅力的ですが、施工業者とのトラブルにならないように気をつけなければなりません。

1月 16

admin

コメントは受け付けていません。

前回見に行った住宅展示場で思ったのですが、モデルハウスってめッちゃ豪華ですごいなーと思いませんか?

普通に考えてかなりの豪邸ですよね。室内なんかおそらくインテリアコーディネーターオシャレにまとめているんでしょうから、素人の私達が見たら、感動して購買意欲が上昇しちゃいますよね?

入った瞬間に「こんな家だったらいいな~」と思ってしまいます。こんな風に思うように計算して作られているのでしょうが・・・(笑)

でも実際にこういったモデルハウスってどのくらいの予算で作られているのでしょうか?

インターネットで調べてみると、正確な答えは当然出てきませんでしたが、一億近くかかっているハウスもあるようです。

確かに、部屋も沢山ありますから当然のように建坪も大きいですし、キッチンやユニットバスなどの水周り品や、ドアなどの建材なども最高級のオプションで構成されているのですから当然と言えば当然なのかも知れませんね。

しかしこのようなフル装備のモデルハウスを見ることで、実際の住宅を建てる私達が参考になるのでしょうか?

あまりにも美味しい最高級の料理を食べた後に普通の食事をしたら・・・物足りないことはないでしょうか?

実際に契約を結び引渡しが終わる頃「こんな感じじゃなかったんだけどな・・・」と思う方もいらっしゃると思います。

これはモデルハウスのイメージが強く残っているためでしょう。実際にあなたの住宅の仕様は標準ですからギャップは生まれると思います。

そのようなことがないようにモデルハウスに使用されているものは標準なのかオプションなのかしっかりと確認をして置くことが重要だと私も改めて思いました。

Back to top