Archive for 7月, 2011

7月 2

admin

コメントは受け付けていません。

今年の夏は省エネをしていかなければならない状況です。

日本で電力が足りていない場所があるのですからみんなで節電を行って行くことが大切だと思います。

東日本大震災の影響で福島原発の事故があり、深刻な電力不足になっています。

これからご家庭でもエアコンなどを使わなければ耐えられないような暑さになってきます。

そんななかでいかに省エネを行うかが重要になってきますが、今現在の対策という考え方ではなく今後の将来的なエネルギー資源の運用方法を考えていくとずっと永続的に対策出来る方法が重要なのでは?と思います。

工務店の集客にも大切なことだと思います。

例えば住宅で出来ることで言えば、断熱性能の高い断熱材を天井裏に入れることや、遮熱塗料を外壁や屋根に施工する方法、アルミサッシを断熱サッシ(樹脂サッシやペアガラス)にすることな省エネ住宅に変身させることが出来ます。

こうすることによって冷房の効きが良くなり余分なエネルギーロスを押さえることが出来るのです。

また電力も太陽光発電を用いた自家発電や、エコキュートなどの深夜電力を使用しなおかつ自然の熱を媒体としてお湯を沸かシステムや、お得なオール電化化も進んでいます。こうした機器やシステムを取り入れることで、エネルギーの消費が抑えられて、発電エネルギーの軽減にもなります。

大分でリフォームした友人もオール電化にしたそうです。

原子力は危険が疑問視されていますし、石油は限りある資源です。風力や太陽エネルギーのようなエコなエネルギーをもっと住宅に取り込んでいけるシステムや、エネルギーの消費量を押さえることの出来るシステムが普及していけば、

人の為、環境の為に住みやすい地球になるのではないかなと私は思います。

Back to top