Archive for 11月, 2011

11月 17

admin

コメントは受け付けていません。

住宅会社を判断するときには施工現場を見るようにしておくといいでしょう。

施工現場を見ることによって住宅会社が協力会社をどの程度管理することが出来ているのかを判断することができます。

今は住宅の施工現場では禁煙がほとんどですが、管理できていないとタバコを吸っている人も出てきます。

お客さんのことを本当に考えているなら現場でタバコを吸おうとは思わないでしょう。

他に施工現場では、キレイに片付けがされているのかも見るようにしてください。

職人さんの腕がよければ、仕事が終わった後の片付けもしっかりしています。

現場を見ることによって、住宅会社の本当の姿勢があらわれてくるのです。

住宅会社によっては自分達の考え方を協力会社に伝えるために講習会を開いているところもあります。

そして考え方を理解してもらった協力会社とだけ付き合いを続けていくようにしたりしています。

友人が熊本で住宅を建てたのですが、施工中の現場を何度か見に行ったそうですが、キレイに整頓されていて職人さんたちも気持ちのいい挨拶をしてくれてよかったといっていました。

気になっている住宅会社があるときは、その住宅会社の現場を見せてもらうのもいいかもしれません。

現場を見せてもらいたいときはあらかじめその住宅会社に連絡をして、見せてもらいたいということを伝えるようにしておきましょう。

お客さんのことを考えた工事をしている住宅会社を選ぶようにしていってください。

11月 3

admin

コメントは受け付けていません。

中古住宅などを購入する理由として多いのは値段が安いということが多くあげられるのではないでしょうか。たしかに値段が安いのは魅力的といえるでしょう。

その分、住宅の中の部分が古くなっているため、中古住宅を購入するのと同時にリフォームやリノベーションを一緒にする方も多くいます。

中古住宅や中古マンションなどの中古物件を取引するときには、現状渡しという取引方法が一般的です。現状渡しとはこのままの状態で物件を引き渡しするのでクレーム、返品不可というような意味になります。そのため、リフォームやリノベーションをすることで住みやすい環境に造りなおすのです。

中古住宅を購入してリフォームやリノベーションをするときには、購入する前にリフォーム業者と話し合っておいたほうがいいでしょう。どういうことかというと、購入する中古住宅によってはリフォームやリノベーションをすることができない可能性があるためです。

リノベーションというのは、リフォームよりも住む人のことを考えた工事のことでより快適に過ごすことができるように改良をしていく工事のことになります。

中古住宅を購入してリノベーションをすることで自分たちだけの住宅にする人もいます。

北海道の知人も札幌の賃貸住宅に住んいましたが、中古住宅を購入して自分の思い通りの間取りになる様に大規模なリフォームを行いました。

住むためだけの家ではなく、自分が幸せに過ごしていくことのできる家を作り上げるのです。

そのためにはお金を十分にかけるので、中古住宅購入費とリノベーション代金を合わせたお金が新築よりも高くなるという方もいるようです。

それによって、幸せな生活が送れるのなら安いものなのではないでしょうか。

Back to top