Archive for 12月, 2011

12月 23

admin

コメントは受け付けていません。

住宅を購入するために何千万円ものお金を使うことになりますが、住宅の価値は年々減少していきます。
住宅ローンを返済するときには35年間の返済期間にすることも多くあるでしょう。
日本の住宅の寿命は30年と言われていて、それで住宅の価値はほぼなくなります。
つまり住宅ローンを完済する頃には住宅に価値がなくなっているのです。
そのようなことがないように、住宅の価値を高めるようにしておくといいでしょう。
住宅の価値を高める方法として、住宅の間取りは重要になってきます。
広い間取りにしたほうが、価値が高まってくるでしょう。
今は中古住宅の取引もよく行われるようになってきています。
中古住宅を購入した人はリフォームも一緒にするのですが、そのような人たちに購入してもらうためには定期的に修繕をしっかりとしていることが大切です。
修繕をしっかりとすることによって、住宅の寿命は30年よりも長くなります。
昔の建物を見ると、長い間建っているものもあります。
しっかりとした修繕をしていれば、百年以上もつ住宅にすることもできるのです。
その住宅に住み続けるなら住宅の価値はそこまで関係ないかもしれませんが、住宅の価値が残る住宅にしたいものです。
三重で注文住宅を建てた親戚も、長く住むことができる注文住宅を建てました。
住宅に使う材料をしっかりとすることで30年よりも長い寿命を持つ住宅を建てることができるのです。
価値ある住宅造りができるようにしていきましょう。

12月 10

admin

コメントは受け付けていません。

住宅の外構を考えるときは、クローズド外構にしたいかオープン外構にしたいかを考える必要があります。

外構というのは敷地内にはあるのですが、住宅の外側にある部分のことをいいます。

カーポートだったり、塀や門などいろいろとあります。

カーポートとは車を雨や直射日光などから守ってくれるものです。

車庫がない場合にはカーポートを使うことで車が傷んでしまうことを少なくすることができるのです。

住宅は用意しても外構がなければ不便ですしとても味気ないのではないでしょうか。

クローズド外構は、外からの侵入を避けるために門が設置されていたりと侵入を防ぐ事も

目的の一つでした。

外と敷地を分けようという考えです。

しかしクロード外構よりもオープン外構のほうがセキュリティ面ではいいとされています。

オープン外構は外からの侵入を避けることなく開放的な住宅周りになっています。

そのため外から住宅を見ることができます。

もし泥棒などが住宅に侵入しようとしても、外から見えているため見つかりやすいのです。

そのため泥棒としても侵入することをためらうという効果があるのです。

オープン外構は海外の住宅によく見られます。

クローズド外構に比べ新しいスタイルです。

クローズド外構とオープン外構のいいところをあわせたセミクローズド外構というものもあります。

外構にも手をいれることによっておしゃれな外観にすることができます。

外構にも気を使って住宅造りを進めていくようにするといいのではないでしょうか。

Back to top