Archive for 6月, 2016

6月 22

admin

コメントは受け付けていません。

和室

住宅の洋風化が進み、和室は数を減らしてきました。しかし日本人である私にとって畳の和の空間はいつまでも大切に、そして受け継がれていってほしいものでもあります。和室を一室でも設けたいと考える人は多いです。その和室をどこに設けるかで和室の活用法が変わってくるのです。

独立型の和室をつくることで、親戚が泊まりにきたときなど、気にすることなくトイレに行くことができますし、リビングのテレビの音を気にしなくてもいいのです。落ち着いた空間でゆっくりとくつろいでもらうことができるのです。また客間としても利用でき、生活感溢れるリビングを見られたくないお客様がきた時には重宝します。

しかし最近ではリビングを広めに確保してその一角に和室を設けたり、和室の延長上に和室を設けたりとリビングに隣接した和室が設けられることが多いです。リビングを隣接させることで、リビングをより広く見せることができますし、リビングの延長として和室を多目的に使用することができます。畳を琉球畳などにして和の雰囲気を抑えることで、洋風リビングとの繋がりも違和感がなくなるのです。

我が家も新築住宅ではどこに和室を設けるか非常に悩みました。そして我が家はリビングの延長上に和室を設けました。普段はリビングとの境の建具は開けっ放しにしておき、開放して和室を利用しています。シーンに合わせて和室を個室としても利用できるので和室の活用法の幅を広げることができています。和の空間を大切にすると同時に、洋風空間との調和も大事にしなければならないのだと思います。

Back to top