Archive for 4月, 2017

4月 14

admin

コメントは受け付けていません。

二階建て住宅や三階建て住宅には欠かすことのできない階段。この階段を設けることで階段下にはデッドスペースが生まれます。このデッドスペースを上手に、余すとこなく活用させることで住まいへの満足度に繋がるのです。階段をどこに設けて、どのような種類の階段にするかで適した階段下の活用法があるだけに無駄なスペースを生むことなく利用したいものです。

我が家はリビング内に廻り階段を設けました。廻り階段の下にはトイレを設置しました。便器を設置している一部分の天井は階段下ということで、特殊な形状をしており、通常の天井の高さより低くなっています。しかし用を足すには全く支障がありませんし、天井が一部分低いことで狭さを感じないか心配だったのですが、狭さや圧迫感を全く感じさせません。トイレを明るく、スッキリとした印象となるようにクロスやクッションフロアの色やデザインにも配慮しました。

廻り階段の上り初めから途中までの階段下のデッドスペースは、トイレ収納として利用しています。トイレ収納としては十分な広さを確保できているため、トイレットペーパーを大量に買い込んでもスッポリと収められます。その他、サニタリー用品やトイレの手拭きタオル、子ども用便座、掃除用具などトイレに関するものを全てこの収納スペースに整理できているので助かっています。

今までは玄関近くに設けられていた階段ですが、最近ではリビング内に階段が設けられることが増えています。リビング内に階段を設けるようになり、階段下のデッドスペースの活用法も多様化しています。階段下にカウンターを設け、パソコンスペースや裁縫スペース、スタディーコーナーとして居住スペースの一部としてオープンに利用するスタイルも多いのです。階段の種類や設置場所に注目して階段下のデッドスペースを上手に活用しましょう。

Back to top