Archive for 4月, 2018

4月 17

admin

コメントは受け付けていません。

漆喰

我が家の新居には、水廻りスペース以外、石灰を主原料とした漆喰を用いています。壁材を選ぶ際に注目されるのが見た目のデザイン性です。インテリア要素として大事な部分ではあるのですが、デザイン性ばかりではなく、耐久性や不燃性などの機能性にもしっかりと目を向けるようにしましょう。

石こうボードや合板といった下地材の普及にあわせ、多くの住宅でビニールクロスや塗装といった、手軽に張り替えたり、塗り替えたりできる壁材が使われています。安価な価格でもあるため取り入れやすいのです。しかし、合板や壁紙に使われる化学物質が引き起こすシックハウス症候群が問題となり、最近では自然素材を使った塗り壁が人気を高めているのです。

塗り壁の代表的なものが我が家が用いた漆喰です。漆喰は耐火性が高いという魅力に加えて、調湿機能にも優れています。室内の湿度が高いと水分を吸収してくれ、逆に乾燥していると水分を放出してくれ一年を通して室内の湿度を調整し、快適な空間へと導いてくれるのです。そのため「呼吸する壁」とも言われています。漆喰壁の内部は強いアルカリ性です。そのためカビや細菌の発生を抑える効果もあります。気密性の高い今の住宅に起こりがちな結露の発生を抑える効果が期待できます。

また、人体に悪影響を与えると言われているホルムアルデヒドを吸着分解する機能もあります。ホルムアルデヒドなどの化学物質を出さないので、そこで住む人の健康もしっかりと守ることができるのです。漆喰壁は、室内の快適性を確保できるだけでなく、健康も守れてとても気に入っています。

Back to top