Archive for 7月, 2018

7月 30

admin

コメントは受け付けていません。

壁の厚みを利用して壁を凹ませ飾り棚を設けたり、収納スペースを設けるニッチが最近では住宅に多く取り入れられています。このニッチが人気を高めているのは、壁の厚みを利用するためスペースに全く影響しないことです。そのため広々とした空間にはもちろん、スペースに余裕がない場所でも気軽に設けることができるのです。

外壁面は断熱材が入るため設けることができませんし、内壁面においても柱や筋交の影響で設ける位置やサイズが限られてしまうこともあるのですが、有効に利用できる壁を無駄にすることなく、空間を華やかにしたり、収納不足の解消にニッチを取り入れましょう。

我が家の新居にもできるだけニッチを設けてもらいました。まず、広さに限りのあるトイレには、収納スペースのニッチを設けました。トイレにはトイレットペーパーやサニタリー用品、トイレの掃除用具などトイレ内に収納しておきたいものが意外とあります。広さに限りのある空間にこれらを収納する収納家具を設置すると、トイレがより狭く感じられてしまいます。

そこで壁厚を利用して収納スペースを設けておくと、スペースに影響せず、スッキリとした印象を保ちながらも必要な物をきちんと整理しておくことができるのです。収納スペースとしてのニッチを設ける場合は、物の出し入れがしやすい位置に設置することと、収納する物によってニッチの前に扉を設け物が隠せるようにするのかを考えましょう。我が家のトイレのニッチには、目に触れると生活感を与えるものばかりを収納するのでニッチの前にクロスと同じ色味の扉を設け、空間に馴染むようにしました。壁の厚みも無駄にしない家造りを目指しましょう。

Back to top