1月 5

admin

コメントは受け付けていません。

子どもと一緒に生活をしていくときに住宅内には子どもにとって数多くの危険があることを知っていなければいけません。

子どもにとって安全かどうかを判断することは、親のする仕事です。

危険があればそれから子どもを守るようにしなければいけません。

例えばIHのクッキングヒーターを触ることで火傷をしてしまうことがあるかもしれません。

調理が終わった後のIHクッキングヒーターは調理器具からの熱によって温度が高くなっていることがあります。

火が出ていないから安心というわけではないのです。

また住宅内の段差なども気をつけなければいけません。

子どもはちょっとした段差にも引っかかってしまうことが良くあります。

それによって大怪我をしてしまうことだってあります。

階段などもとても危険な場所です。

転んで落ちてしまえば死亡してしまう可能性だってあります。

子どもだけではなく高齢者にとっても危険性が高いといえます。

住宅造りでも安全にこだわった設計をすることは重要なことです。

快適に過ごすことも大切ですが、子どもにも健康でいて欲しいと思っているはずです。

友人が大分で注文住宅を建てるときに、安全のことを十分に考慮した設計になるように打ち合わせを重ねたそうです。

できるだけ段差を少なくするようにしたり、階段も転びにくいような造りにしたそうです。

大人だって転ぶときは転ぶのですから、安全にしておくというのはいいことなのです。

住宅内で安全に生活をしていくことができるような住宅造りをしていきませんか。

Sorry, comments are closed at this time.

Back to top