11月 17

admin

コメントは受け付けていません。

住宅会社を判断するときには施工現場を見るようにしておくといいでしょう。

施工現場を見ることによって住宅会社が協力会社をどの程度管理することが出来ているのかを判断することができます。

今は住宅の施工現場では禁煙がほとんどですが、管理できていないとタバコを吸っている人も出てきます。

お客さんのことを本当に考えているなら現場でタバコを吸おうとは思わないでしょう。

他に施工現場では、キレイに片付けがされているのかも見るようにしてください。

職人さんの腕がよければ、仕事が終わった後の片付けもしっかりしています。

現場を見ることによって、住宅会社の本当の姿勢があらわれてくるのです。

住宅会社によっては自分達の考え方を協力会社に伝えるために講習会を開いているところもあります。

そして考え方を理解してもらった協力会社とだけ付き合いを続けていくようにしたりしています。

友人が熊本で住宅を建てたのですが、施工中の現場を何度か見に行ったそうですが、キレイに整頓されていて職人さんたちも気持ちのいい挨拶をしてくれてよかったといっていました。

気になっている住宅会社があるときは、その住宅会社の現場を見せてもらうのもいいかもしれません。

現場を見せてもらいたいときはあらかじめその住宅会社に連絡をして、見せてもらいたいということを伝えるようにしておきましょう。

お客さんのことを考えた工事をしている住宅会社を選ぶようにしていってください。

Sorry, comments are closed at this time.

Back to top