Posts Tagged ‘住宅ローン’

12月 23

admin

コメントは受け付けていません。

住宅を購入するために何千万円ものお金を使うことになりますが、住宅の価値は年々減少していきます。
住宅ローンを返済するときには35年間の返済期間にすることも多くあるでしょう。
日本の住宅の寿命は30年と言われていて、それで住宅の価値はほぼなくなります。
つまり住宅ローンを完済する頃には住宅に価値がなくなっているのです。
そのようなことがないように、住宅の価値を高めるようにしておくといいでしょう。
住宅の価値を高める方法として、住宅の間取りは重要になってきます。
広い間取りにしたほうが、価値が高まってくるでしょう。
今は中古住宅の取引もよく行われるようになってきています。
中古住宅を購入した人はリフォームも一緒にするのですが、そのような人たちに購入してもらうためには定期的に修繕をしっかりとしていることが大切です。
修繕をしっかりとすることによって、住宅の寿命は30年よりも長くなります。
昔の建物を見ると、長い間建っているものもあります。
しっかりとした修繕をしていれば、百年以上もつ住宅にすることもできるのです。
その住宅に住み続けるなら住宅の価値はそこまで関係ないかもしれませんが、住宅の価値が残る住宅にしたいものです。
三重で注文住宅を建てた親戚も、長く住むことができる注文住宅を建てました。
住宅に使う材料をしっかりとすることで30年よりも長い寿命を持つ住宅を建てることができるのです。
価値ある住宅造りができるようにしていきましょう。

11月 25

admin

コメントは受け付けていません。

家造りを考えたり、家を建てたいなって思うのはどんな時でしょうか?

人それぞれあると思いますが、ベストな時期って言うのも難しいですよね・・・

住宅を建てるにも不動産の中古住宅を買うにも当然資金が必要になりますよね。もちろん一括の現金キャッシュで払える人は早々いるものではありません。

ほとんどの方が自己資金+住宅ローンが多いと思います。

しかし住宅ローン・・・自分はいったいいくら借りられるんだろう・・・?

誰もが最初に抱く疑問だと思います。

簡単にわかる方法がジ実はあります。

まずあなたの年収を証明できるものを持って金融機関に相談に行きましょう、そして資金計画の相談をしてみましょう。

そうすれば、年収からあなたが借りることのできる資金の値段がわかります。

これを基にして自己資金とあわせて住宅を建てる為の資金はこれだけ使えるという判断基準になります。

また自己資金は、工事に掛かる総費用の20%~30%は用意しておくことが好ましいのです。

わけは、住宅ローンの限度額は、総費用の80%ほどに設定されている場合が多いようです。

そうなった場合自己資金がある程度ないと住宅が遠のいてしまいます・・・

現状、頭金無しで組めるローンもありますが、借入れ金額が多いと言う事は、金利に比例して支払い金額も増えていきますので、できる限りろーんは短く安く借りることがおすすめですが、無理な返済計画は自分の首を絞めますので、計画的な返済が出来るように気をつけてください。

そうでなければせっかくのマイホームが重荷になってしまいますよ。

Back to top