Posts Tagged ‘建替’

2月 16

admin

コメントは受け付けていません。

元気のないAさん、2月になりもうすぐバレンタインデーですが生まれて一度もチョコをもらった事がないのです。

この時期になると憂鬱になってしまうのですが「誰かチョコっとくれませんか・・あ~あ!」・・・まだ諦めちゃいけませんよAさん!

さて家の建替えを考えているAさん、資金の調達は所有している大分の不動産の売却で賄うつもりでいます。

所有している土地は三筆合わせて約300坪ですがこの土地には段差があり段差上の土地が一筆で約200坪、段差下が約100坪ですがその中に三角形の15坪ほどの筆を含んでいます。

200坪の土地には数年前に外壁リフォーム済みのアパートが建っており段差下の100坪は更地になっていてこの100坪を売却しようというのです。

まずは登記簿謄本の写しをとり調べてみましたが200坪の土地がアパートの担保になっているのは分かるのですがどういう訳か三角地の15坪も担保が付いていたのです。

この三角地を残して売却すると買う人は変形した土地を買う事になりますし三角地はAさんにとっても使い物にならない土地になってしまいます。

早速融資先の銀行に相談しましたが数日待ってほしいとの事でした。

そして返って来た答えはアパートの住宅ローンを4ヶ月分払ってもらいたい、要するに月末に今月分の支払いを含めると5ヶ月分を払ってもらい銀行内の手続きは稟議書で処理し抵当をはずす事になったのでした。

さぁ後は不動産屋に買い手をさがしてもらうだけになったAさんでした。

さていよいよAさんにとって憂鬱の種のバレンタインデーがやって来ました、しかも、もう夕方です。

そんな時、なにやらAさん宅の玄関にマスクをした人がいそいそとやって来ましたがなんと綺麗な包みを郵便受にいれているではありませんか!

Aさんついにチョコをゲットか!すると少ししてマスクの人がまたやって来ましたが今度はマスクをしていません、よく見るとなんとAさんではありませんか、チョコを取り出すと嬉しそうに家に入って行きましたがなんと情けない、自分で自分にだったのか!・・・悩みすぎてついにそこまで行ってしまいましたか、私があげましょうかAさん?

さて皆さん、銀行内の手続きというのはやっかいなものですが銀行にお願いしないと不動産の購入は出来ないでしょうから仕方ないですね?

1月 23

admin

コメントは受け付けていません。

お店を経営しているAさん、色々な物を売っていますが最近Aさんのところにしか売っていない物が増えているそうなんです。

だんだん面倒な物はやめてしまうのでしょうか、例えばファスナーを好みの長さに作ったりくるみボタンを作ったりとか紐やゴムなどの計り売りなどももうやっているところは無いようです。

考えてみると昔は魚でも野菜でもみんな対面販売で買い物カゴを持って買い物に行ったものですがスーパーなどの大型店舗の進出により対面販売は絶滅寸前のようです。

さて古くなった店舗と住居の建替えを考えているAさんですがお店は街道に面しており歩道ぎりぎりに建っています。

建物は2階建てで裏が庭になっているのですが建築後は建物を敷地の奥いっぱいに建ててお店の前をお客さん用の駐車場にする予定です。

ただここで問題なのが庭好きのAさんの庭がなくなってしまう事なのですが色々考えたAさんの案とは・・・

建てられる延べ床面積は50坪です、まず店舗10坪なのですがこれは平屋でその裏に1階、2階が15坪で3階が10坪の住居を建てます。

この店舗の上を庭にしようというのですがルーフテラスといってよいのでしょうか、少し重くなるので頑丈にするよう頼まなければいけないようです。

さてこのテラス造りですがまず一面に土を敷いてもらいます、裏から表に向かって敷石を幅60cmくらいで敷き通路を作り表に四畳半くらいのスペースをやはり敷石で造ります。

この道路側に出来た敷石スペースにテーブルとイスを置きパーティーやバーべキューをやろうという趣向なのです。

テラスの周りは手すりを付けますが前面を除いた両サイドに等間隔に木を植え残る部分全面に芝生を植え込んでテラスの完成です。

地面での庭作りも良いですがこのテラスの特徴は何といっても眺望の良さにあると思います。

庭好きのAさんです、土は業者にいれてもらいますがあとは色々な材料やついでにリフォームするアルミサッシなどの建材をアウトレットで買い込み自分で造ろうという事なのです。

さぁ後は屋内について考えなければならないAさんです。

さて皆さん、家の屋上に庭を造ると眺めも良いし人の目も気にならないのではないでしょうか、ルーフテラスはいかがでしょうか?

12月 22

admin

コメントは受け付けていません。

  ヘレン・ケラーという偉人がおりますが何でも幼い頃に病気になり、見えない聞こえない話せないという三重苦になったそうです。

随分と苦労した事でしょうがこのヘレン・ケラーと同じ誕生日のAさんは頭が悪い目が悪いそして超が付くほど運が悪いという三重苦?なのだそうです・・・先天的なものや老化によるものはともかく運が悪いというのはちょっと可愛そうかな?

さて親と暮らしているAさんは独身で家事はほぼ全てAさんがやっております。

建材の販売をしているのですが仕事も家事もとなるとなかなか大変なようです。

実は家の建替えを考えているのですがなんとか家事が楽な家は出来ないものだろうかと思案中なのです。

そこで現在家事の中でAさんがやりずらさを感じている事を考えてみますと食器洗いや洗濯などは家電を買えばすぐ解決するのですが一番はというとリビングの掃除なのだそうです。

家族が集まりあれこれ物が出しっ放しだしそもそも物が多くてゴチャゴチャしているものですから掃除の前の片付けの段階で面倒になってしまいます。

しかし廊下や風呂などの掃除は簡単です、考えてみると物が少なくいきなり拭きや掃き掃除が出来るからでしょうか。

そこで考えたのが単純な造りの余計な物を全てしまってしまう家を造る事にしました。

各自の部屋は自己責任で掃除してもらうとして共用するリビングや脱衣場などの必要品が全て収納出来るスペースを確保してもらうのです。

例えばリビングにはテレビやテーブルなどの家電や家具以外の小物を収納出来る収納庫を作ってもらいます。

現在はカラーボックスが並んで色々な物が入っていますがこれも全て収納庫に入れてしまいます。この収納庫はすぐ取れるようリビングに造りしかもおしゃれで前面は引き戸をつけるなどして中が見えないようにしてもらいます。

そして脱衣場にも収納棚、トイレにも造りますし勿論キッチンにも造りますがその規模はその場所に見合った大きさにしてもらいます。

極端に言うとホテルみたいに何も無い状態にしたい訳なのですがどれだけ掃除が楽になる事かとAさんは考えた訳なのです。

綺麗な状態を保ち易いお掃除が楽になる家造りで決定です。

さて考えているAさん、運が悪いのだろうか、いやいや極端に気が弱く慎重なために運が悪いのではなく運を逃しているのに間違いない、そうだ最近気になっている女性がいるが積極的に思い切って自分をさらけ出してみたらどうだろうか「こうなったら思い切ってパンツいっちょうで自分をさらけ出そう!場合によってはパンツをとってしまったっていいじゃないか!」・・・さらけ出すものが違いますよ、そんな事をしたらニュースに出てしまいますよAさん!

さて家を建てたい!どんな家ですか?理想の家造りを目指して色々案を出しおおいに建築屋さんを悩ませようではありませんか!

Back to top